Plastic waste overflows after China’s import ban
Japan still little aware of serious impact

English和文

As environmental pollution caused by plastic waste becomes serious, Japan’s awareness still remains in low gear. Japan opposed the “Ocean Plastics Charter” for the regulation of marine plastic waste jointly proposed by the UK, France, Germany, Italy and Canada at the G7 Summit in Charlevoix, Quebec, in June 2018. The Japanese government cited “impacts on people’s lives and industry” as the reason for its opposition. However, Japan needs to address the issue with a sense of urgency.

The world has been forced to take the mater seriously since China enforced an import ban on plastic waste in January 2017. Before then, Japan, the United States and Europe had exported much of their plastic waste to China at low prices instead of treating it at home. According to a survey by the Bureau of International Recycling (BIR), an NPO based inBrussels, plastic waste brought into China in 2016 amounted to 7.3 million tons, accounting for 56% of the global total. Japan and Western countries are now faced with a crisis posed by overflowing plastic waste as a result of the Chinese ban.

In October 2018, Japan’s Ministry of the Environment polled the country’s 47 prefectures and core municipalities which oversee their waste disposers on “the impact of the Chinese import ban”. The survey found that about one quarter of them replied their stocked plastic waste grew in volume as compared to that before China’s embargo. This clearly indicates that the impact of plastic waste that has lost its place due to the embargo is steadily spreading.

Japan’s discharge of plastic waste is the second largest in the world after the United States. The government needs to change its mind if it is really concerned about “the impacts on the people’s lives and industry”.

 (Written by: Yuta Uchino)

プラスチックごみの環境汚染が深刻化するなか、日本の意識は依然として低い。2018年6月のG7サミットで英、仏、独、伊、カナダ5カ国が提案した、海洋プラスチックごみの規制に向けた「海洋プラスチック憲章」に日本は反対した。その理由として政府は「国民生活や産業への影響」を挙げたが、プラごみ問題への対処は急を要している。

世界でプラごみ問題が深刻に捉えられている理由として、2017年1月に中国が実施したプラごみ輸入禁止が大きく影響している。これまで日本や欧米諸国は、プラごみを自国で処理するのではなく、中国にリサイクル用廃棄物として安価に輸出してきた。国内再生資源連盟によると、16年に中国に持ち込まれたプラごみは730万トンに及び、世界全体の56%にのぼっていた。多くのプラごみの処分を請け負っていた中国が輸入を禁止したことによって、輸出国であった日本や欧米諸国は自国がプラごみであふれ返る危機に直面している。

環境省が18年10月に公表した,「中国がプラスチックごみの輸入を禁止した影響に関する調査結果」によると、プラごみを産業廃棄物として処理する業者を監督する都道府県や中核市などのうち、およそ4分の1が管内での保管量が禁輸前に比べ増加したと回答した。禁輸で行き場を失ったプラごみの影響は確実に広がっているといえる。

日本のプラごみの排出量は、アメリカに次いで世界で2番目に多い。「国民生活や産業への影響」を考えるならば日本も意識を変える必要があるだろう。

(内野裕大)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です