Marine species absorb hazardous chemicals
Causes bad effects on ecosystems, human body

According to newspaper reports, Britain’s Brunel University London announced in 2018 that it investigated shells sold at eight supermarkets across the country and detected microplastics from all varieties of sample shells. Specifically, it found that an estimated 70 microplastics were contained in every 100 grams of mussels. In the same year, a survey team led by Prof. Hideshige Takada of Tokyo University of Agriculture and Technology also detected the substance from sardines and blue mussels harvested from Tokyo Bay.

新聞報道によると、英国のブルネル大学は昨年、国内のスーパー8店で売られている貝を調べたところ、すべての貝からマイクロプラスチック、いわゆるプラスチックごみが検出されたと発表した。ムール貝100グラム当たり推計70個が含まれているという。日本でも同年、東京農工大の高田秀重教授らが、東京湾でイワシやムール貝の一種、ムラサキイガイなどからマイクロプラスチックを検出したことを明らかにした。

Microplastics are broadly classified into the primary plastics and secondary plastics. The former, generally called microbeads, are manufactured in microscopic size. Those products include abrasives like facial cleanser and toothpaste. They spill out into the natural environment through water drains and other channels. The latter, produced in larger size, are the ones broken down and fragmented in the natural environment.

マイクロプラスチックは、1次的マイクロプラスチックと2次的マイクロプラスチックに分類される。前者は、マイクロサイズで製造されたプラスチックで、洗顔料、歯磨き粉などの研磨剤に利用されているマイクロビーズ等を指し、排水溝など通じて自然環境中に流出する。後者は、大きなサイズで製造されたプラスチックが、自然環境の中で破砕、細分化されたものを指す。

Japan’s Ministry of the Environment is concerned that chemical substances contained in or attached to microplastics floating in the sea are taken into the food chain and affect the ecological system and human body. In fact, Philip Schwab, a gastroenterologist at the Medical University of Vienna in Austria told a meeting of the European Society of Gastrointestinal Endoscopy on October 23, 2018 that microplastics were found from the feces of eight persons who cooperated in his team’s preliminary study.

たとえば海に漂うマイクロプラスチックに含有、吸着する化学物質は、食物連鎖に取り込まれ、生態系や人体にも影響を与える(環境省)ことが懸念されている。昨年10月23日、オーストリア・ウィーン医科大学の胃腸病学者、あるフィリップ・シュワブル氏は欧州消化器病学会で、ある予備的研究に協力した8人の糞便からマイクロプラスチックが検出されたと発表した。

Another study has found that microplastics in the sea, which have a characteristic to adsorb hazardous chemical substances quick to dissolve in oil, can concentrate their toxicity 100 times. Especially, they easily absorb polychlorinated biphenyl (PCB) and dioxins (DDT) dissolved in the sea. These are highly toxic and easy to accumulate in adipose tissues and are known to be carcinogenic. They can cause skin disorders, visceral disorders and hormonal abnormalities. Particularly, plastics containing flame retardants (PBDEs) that make them harder to burn can cause thyroid disruptors and neurotoxicity.

海に漂うマイクロプラスチックは、油に溶けやすい有害化学物質を吸着する特徴があり、100倍に濃縮させるという研究結果も出ている。特に海に溶けたポリ塩化ビフェニル(PCB)、ダイオキシン類(DDT)が吸着しやすい。これらは生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすく、発癌性がある。また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことも分かっている。特に、簡単に燃えないようにプラスチックに難燃剤(PBDEs)が含まれる場合、甲状腺かく乱作用や神経毒性があるとされている。

Furthermore, phthalate ester in soft polyvinyl chloride used in synthetic leather, toys and swimming rings are known as an endocrine disruptor that affects female hormones and estrogen. This substance can add to the risk of breast cancer.

さらに、合成皮革や玩具、浮き輪などに使用される軟質のポリ塩化ビニルに使用されるフタル酸エステルは、女性ホルモン・エストロゲンに影響を及ぼす内分泌攪乱物質として知られ、乳がんのリスクを高める可能性がある。

However, some scientists think that data currently available are not sufficient enough to elucidate the activity and toxicity of microplastics in the human body. For instance, the European Food Safety Authority (EFSA) has made its view public that “it is still too early to refer to whether microplastics are harmful or not”. A further progress on their study is keenly awaited.

(Written by: Meiku Takeda)

しかし、マイクロプラスチックの人間の体内での挙動や毒性を明らかにするにはデータが十分ではないとも考えられており、欧州食品安全機関(EFSA)は、「有害かどうかを言及するのは時期尚早だ」との見解を公表している。今後、研究がさらに進展することを期待する。

(武田芽育)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です