Giving badminton instructions in Syria Shirai works on int’l cooperation through sports シリアでバドミントンを指導 スポーツを通した国際協力に取り組む白井巧さん

Takumi Shirai, a 54-year-old part-time professor at Chuo University, supports developing countries through sports technical guidance. After majoring in the relationship between sports and developing countries at the Graduate School of Physical Education at Tsukuba University, he has instructed badminton in various countries including Syria, the Maldives and Sri Lanka. In late July, he lectured at Chuo University on the theme of “International Cooperation through Badminton”. Hakumon Herald interviewed Shirai about his activities.
スポーツの技術指導を通して発展途上国への支援に取り組む中央大学非常勤講師の白井巧さん(54)。同氏は筑波大学大学院体育研究科で途上国とスポーツをテーマに研究してきた人物であり、これまでに、シリア、モルディブ、スリランカなどの途上国でバドミントンの指導に当たってきた。筆者は7月下旬、「バドミントンを通した国際協力」というテーマで、中央大学Gスクエアで開かれた白井氏の講演会に出席し、その活動について話を聞いた。

Supporting Syria since before civil war
内戦以前のシリアを支援

Since 2005, Shirai has been serving as a badminton instructor for the Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV) in a project undertaken by the Japan International Cooperation Agency (JICA). He visited Syria for a month from February 2011 with Yuta Suzuki (then aged 21), a student of Hokkai-Gakuen University and a JOCV member, and Kai Tanaka (aged 19), a student of Waseda University and a member of the Kanto University Badminton Association.
The trio toured Aleppo, Hasakah, Latakia and Damascus, the capital of Syria, to give technical guidance on badminton. Looking back at the tour, Shirai said, “The local people were very kind to us. We found many of them talkative, pure and serious-minded. We also found them very much pro-Japanese.”
The main purpose of their tour was to grasp the badminton situation in Syria such as the levels of players and instructors and the scale of sports facilities. Referring to their stay in Aleppo where they instructed a junior team, he said, “Every citizen was very much pleased, simply knowing that we came from Japan. We gave technical guidance and played friendly matches there. Tanaka was so enthusiastic about his mission that local team coaches asked him to stay to help them as instructor.”

白井氏は2005年から現在まで、独立行政法人「国際協力機構」(JICA)が実施している青年海外協力隊でバドミントン技術専門委員を務めている。同協力隊のメンバーでもあった北海学園大学鈴木雄太さん(当時21歳)と関東バドミントン学生連盟に所属する早稲田大学の田中開さん(同19歳)とともに、シリアを訪問したのは11年2月21日から3月22日までのほぼ1カ月間。
3人はシリアの首都ダマスカスを中心に、アレッポ、ハッサケ、ラタキアを周り、バドミントンの技術指導を行ってきた。「現地の人々は我々に非常に親切だった。また、シリア人は話好きで、純粋で、まじめな人たちが多かった。シリアは親日国だった」と、白井氏は語る。
白井氏らの主な目的は、現地の選手や指導者の技量、スポーツ施設の規模などの現地のバドミントンの事情を把握することだった。アレッポ市のジュニアチームを指導したことについて、こう振り返る。「日本人が来るだけでも皆さんは非常に喜んでくれた。現地の人に技術的な指導をしたり、試合をしたりもした。特に、田中君は熱心に取り組んでくれたので、現地のコーチから、ここに残ってバドミントンを教えて欲しいと言われるほど程歓迎された」

Syrian refugees at Zaatari camp
ザータリキャンプでシリア難民を支援

Shirai also visited the Zaatari refugee camp in Jordan for two days in March 2014. The facility is mainly for Syrian people who have fled from the prolonged crisis. There, he again met Suzuki who was supporting children for one year from September 2013. Shirai made the visit to see how the Syrian refugees lived there and how Suzuki was supporting them. He said about Suzuki’s activities, “Most of the refugees were children. People at the camp were all confused by the civil war in their country and felt uneasy about their future. But they were trying to live undauntedly. Suzuki was working hard to help children enjoy their life mainly at the local multi activity center (MAC), a facility for children. He worked there five days a week from 9 am to 14 pm. I joined Suzuki to give children not only badminton instructions but also lessons in other body-moving plays like string figures, and sometimes science experiments.”
白井氏はさらに、14年3月16日から17日の2日間、シリア危機から逃れてきた人々が住む、ヨルダンのザータリ難民キャンプを訪ねた。現地で難民の支援をしていたのは、一緒にシリアを回った鈴木さんだった。鈴木さんは13年9月から14年9月の1年間、現地の子どもたちに支援活動を行った。白井氏は、シリアの人々の現状を把握するとともに、鈴木さんの支援の様子を視察したいと思い、難民キャンプを訪ねた。
白井氏は、鈴木さんの支援活動について、「難民の大半は子供たちだった。内戦で混乱している人、今後の生活に不安を抱えている人ばかりだった。だからといって、彼らの気持ちが沈んでいたわけではなかった。現地の人々は逞しく生きようとしていた。そんな中、鈴木君は、Multi Activity Center(MAC)という子供の遊び場所を拠点として、精いっぱい楽しんでもらうように心がけていた。鈴木君はMACで1週間に5回、9時から14時まで活動していた。遊び場では、バドミントンだけではなく体を動かす様々な遊び、あやとり、時には理科実験授業のような試みもした」と語る。

Importance of mutual understanding
国際協力を通して学んだ相互理解の重要性

Shirai said of his two trips to Syria and the refugee camp in Jordan, “It was very good for me that I could make Japanese people better understood to Syrian people and could know more about them and their character. By better knowing each other, we can reduce prejudice and misunderstanding. In my case, I could assist in promoting international interchanges through sports I am interested in and everyone is familiar with.”
Hakumon Herald asked Shirai to give some advice to Chuo University students. He said, “It is valuable to know about completely unknown countries, developing countries in particular. You should actually visit some of those developing countries. You should understand the current state of the world by joining an NPO like refugee support associations, for example. Sports gave me a chance to interact with people of other countries. I want Chuo students will also associate with people of the world through what they can do, what they like and what they are interested in.”
(Written by: Yuto Yawata)
白井氏は、シリアへのバドミントン支援、難民キャンプの視察を通して、「日本人を知ってもらえたこと、シリアという国、国民性を知ることができたことが非常によかった。お互いを知ることで偏見や誤解を減らせる。私の場合は、スポーツという自分自身が興味・関心を持っているもの、誰もが親しみやすいもので、国際交流をした」とも言う。
中大生に向けて、「発展途上国など全く知らない国を知る、理解することは非常に価値がある。途上国を実際に訪ねてみましょう。その他にも例えば、難民の会やNPOなどに加わり、世界の現状を知ってほしい。私が世界の人々と交流するきかっけになったのは、スポーツでした。中大生にも、私と同じように、自分ができること、好きなもの、関心のあることを通して、世界の多くの人々と交流してもらいたい」と語った。
(八幡侑斗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です