Companies want to hire SNS-competent personnel 企業が求めるSNS人材

On October 14 last year, the Nihon Keizai Shimbun carried an article saying that a growing number of companies in the fashion industry hire individual influencers who have a better ability to send out their massages on SNS. The article drew much attention among job-seeking students. Indicative of the trend, fashion mail-order company CROOZ, Inc. held an event in March this year where only job seekers with more than 1,000 SNS followers were allowed to take part. Now, more students are increasingly aware of the importance of SNS in job hunting.

昨年10月14日付けの日本経済新聞に、ファッション業界でSNS発信力を持つ個人インフルエンサーを採用する企業が増えているとの記事が掲載され、就活生の間で話題を呼んでいる。ファション通販業界のクルーズ株式会社は今年3月、SNSフォロワー数が千人以上の者だけに参加を認めるイベントを開くなど、今、就活におけるSNSの重要異性が注目されている。

The employment of influencers is one of typical examples that illustrates the importance of SNS in job hunting. An influencer here means a person who may have a major impact on consumers’ decision to buy goods. In this new style of employment, applicants whose number of followers and message contents on SNS meet the requirements of a company are given precedence. This method is particularly popular in the fashion industry. In the case of OWNDAYS Co., a nation-wide optician’s shop chain, hired influencers get assigned a special role of publicizing the charm of products and shop atmosphere on their SNS accounts while working as salespersons.

就活とSNSの重要性を示す代表的なものの1つが、インフルエンサー採用だ。インフルエンサーとは、消費者の購買意思決定に影響を与える人のことをいう。SNSのフォロアー数や投稿内容など、企業側が求める採用要件を満たすと判断された場合、優遇される新しい採用スタイルだ。特にファション業界でこの採用スタイルを取り入れているケースが多いという。メガネ、サングラスなどの販売を行う全国チェーン店である株式会社オンデーズでは、採用されたインフルエンサーは販売員などとして働きながら、個人のSNSのアカウントで商品や店舗の雰囲気などを発信する役割を担うという。
The company requires job seekers who want to be an influencer to have more than 1,500 followers on their Twitter or Instagram blog. In ordinary selection, applicants need to go through many steps from entry, company briefing session, document screening and preliminary interview to paper test and final interview before getting an informal job offer. However, applicants in the influencer category can do without the steps from entry to paper test. They can get an informal job offer when they clear the final interview. Moreover, they are given an extra monthly allowance of 50,000 yen in addition to their regular pay.

オンデーズ社のインフルエンサー採用枠には、ツイッター、インスタグラムのブログでフォロワー人数が1500人を超えている場合に応募できる。通常の採用では、エントリー、会社説明会、書類選考、一次面接、筆記試験、最終面接、内定と、長い選考を乗り越える必要がある。しかし、インフルエンサー採用枠で応募すると、エントリーから筆記試験までが免除され、最終面接に合格すれば内定となる。また、本来の給与とは別に月5万円の手当が支給される。

Referring to his firm’s employment of influencers, Shuji Tanaka, president of OWNDAYS, wrote on his blog on March 13, “We expect them to send out diversified information about our company directly to consumers so that they can deepen their understanding and knowledge of our brand.”

3月13日ネット上で、同社の田中修治社長はインフルエンサー採用の狙いについて、「発信力の高い個人を直接雇用することによって、自社に関する多様な情報が生の声として消費者へと届けられ、ブランドへの理解と認知がより深まることを期待している」と語っている。
In the future, the recruitment of influencers may be opted not only by the fashion industry but by a wider variety of other companies.
(Written by; Yuto Yawata)

今後、ファッション業界だけでなく、より多くの企業がインフルエンサー採用を進めていくことになるかもしれない。(八幡侑斗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です