Companies may keep watching your SNS account What job-hunting students should heed 企業はあなたのアカウントを監視する? ―就活生が注意すべきこととは―

The Nihon Keizai Shimbun reported that one of the venture companies it polled replied, “We never fail to check the SNS blogs of job applicants to see their ‘true’ self in daily life.” WORKPORT Inc., a personnel placement agency, carried out what it called a “survey of recruitment staff’s real intentions” in 2015. The poll showed that 50% of the respondents answered in the affirmative when questioned, “Do you check the name of applicants on SNS for screening purposes?”

日本経済新聞によると、あるベンチャー企業は「求職者の日常の『素』の姿が見たいので、SNSは必ずチェックする」と回答したそうだ。また、人材紹介会社ワークポートが2015年に発表した「採用担当者のホンネ調査」では、「選考する人の名前をSNSでチェックしますか」という質問に対し、5割もの採用担当者が「チェックする」と答えた。

This indicates that SNS sites used by job-hunting students are constantly “monitored” by the companies they want to join. There is even a case where a company withdrew its job offer after it knew the applicant had posted information about the interview on SNS. Job-seeking students should be fully aware that the employment of new graduates is a valuable opportunity for a company to procure human resources who can contribute to enhancing its profit in five or 10 years and that staff in charge of recruitment examine their SNS blogs to know whether they are fit for the company and how earnestly they think of working for it.

このように、就活生は利用するSNSが企業に絶えず〝監視″されていると見てよい。ある企業の面接後に面接内容の情報をSNSに投稿したことが採用担当に知られ、不採用とされた事例もある。就活生が知っておくべきことは、企業にとって新卒採用は5年後、10年後の会社の利益に貢献できる人材を獲得するための貴重な機会であり、採用担当者は、就活生が自分の会社にどれだけマッチするか、本当に働きたいと思っているかを知るためにSNSをチェックするという現実だ。

In order not to give a poor impression to a company, job-seeking students should double-check if they had posted immoral contents, negative views against the company or information about tests. If they did so, there is something they can do: (1) lock your account, (2) delete your inappropriate remarks (3) remove your account itself.

そこで就活生が注意すべきとことは、企業側に悪い印象を与えないため、道徳に反する内容や、企業に関する悪口、選考に関する情報を投稿していないかということだ。その対策としては、①カギをかける②問題発言を削除する③アカウントごと削除する、などが挙げられる。

Alternatively, you can opt for self-introduction. That means creating an SNS site introducing yourself with the aim of providing companies with a sense of security. The content should be quite simple. You can write about a good time you had in club activity, a seminar you found instructive, qualifications you are preparing for and pet animals you keep, etc. It should contain something that may give a favorable impression to many readers.

また、セルフプロデュースするという対策もある。あえて企業側に安心感を与える狙いで自己紹介SNSを構築するのだ。内容は至ってシンプルに、①活動して楽しかったこと②ためになったセミナー③今取り組んでいる資格の話④飼っているペットの話など、多くの人が読んで好感を持つような内容で構成する。

A female fourth grader at Waseda University deleted all her unnecessary tweets but intentionally retained one about her overseas volunteer activity. To her surprise, she was questioned during an interview at a company about the volunteer activity she had not mentioned in her job application form. She had chosen a tactics to use SNS to dwell on the information she could not mention in her application form, and it did work. You will be doing too much if you introduce yourself in a way mismatching your own self. But you should learn how to make the most of SNS.
(Written by: Meiku Takeda & Kairin Ka)

早稲田大学4年のある女子学生は、不要な投稿を消す一方、海外ボランティアで活動した記事はあえて残した。すると、ある企業の面接で、エントリーシートには書いていなかったこのボランティア活動について聞かれたという。エントリーシートでは伝えきれなかった情報をSNSでアピールするという対策が奏功したのだ。あまりにも自分とマッチしない内容で自己紹介するのは行き過ぎだが、SNSの利用の仕方を工夫することが望まれる。
(武田芽育、何海倫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です