“Brain foods” draw attention in preventing dementia 今、注目の認知症を防ぐブレインフード

“Brain foods” are now drawing people’s attention because of their effectiveness as a way of preventing dementia. Typical among them are blue-skinned fish, soybean products and nuts which are known to help enhance brain functions. According to the Brain Food Meister Association in Tokyo’s Takadanobaba, those foods are effective in activating and nurturing brain, increasing memory and concentration, and preventing dementia. This article focuses on their effectiveness in preventing dementia.

認知症予防法の1つとして今、注目されているのが「ブレインフード」だ。青魚や大豆製品、ナッツ類など脳の機能を高める食品を指す言葉だ。東京・高田馬場にある「ブレインフードマイスター協会」によると、これらの食品は、脳の活性化(脳活)、育脳、記憶力・集中力向上、認知症予防などに効果をもたらすという。ここでは、ブレインフードの認知症予防効果について着目した。

The 2017 White Paper on Aged Society released by the government’s Cabinet Office put the number of dementia patients aged 65 or older at 4.62 million across Japan in 2012, or about one out of every seven. It predicted the ratio will increase to one out of every five in 2025. Particularly notable here is that such patients are increasing in number even among young people. Ayumi Okumura, a neurosurgeon who runs Okumura Memory Clinic in Gifu Prefecture commented, “The average age of our outpatients who complain of cognitive impairment (monowasure) is rapidly getting lower.” He said 30% of those who visit his dementia clinic are in their 40s-50s and 10% are in their 20s-30s, suggesting that the number of younger generations suffering from the disease has been growing in recent years. The arrival of smartphones has made people only receive so much information that their brains are overstrained. This can cause symptoms similar to depression or dementia such as being forgetful, having difficulties in controlling emotion or losing oneself.

内閣府の平成29年度版高齢社会白書(概要版)によると、65歳以上の認知症高齢者数は2012年に462万人で、高齢者の約7人に1人だったが、25年には約5人に1人1人になると予測されている。さらに注目されるのは、認知症患者が若年層の間にも増えていることであり、岐阜県のおくむらメモリー・クリニックで脳神経外科医の奥村歩医師は「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」と言う。同氏によると認知症を専門とするクリニックでは、患者の30%が40代~50代、10%が20代~30代と認知症にならないような世代の受診がここ数年は増えているとのことだ。スマホの登場で現代人は“情報入手”だけが多い状態になっており、脳は過労状態になる。そのため、物忘れや感情のコントロールができない、自分らしさを失うといった、うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされる。

Brain foods promote a large amount of blood flow, resulting in neatening blood circulation and vitalizing brain cells, both of which are effective in enhancing concentration and getting rid of stress. Specifically, such foods contain omega-3 fatty acids that generate docosahexaenoic acid (DHA), a substance known to serve as a neurotransmitter to improve brain functions, and boost cognition and memory by smoothening the supply of glucose and oxygen to the brain.
ブレインフードは、血液循環をよくして大量の血流を促し、脳細胞を活性化させ、記憶力や集中力アップ、ストレスにも効くといわれている。具体的には、ブレインフードからは、オメガ3脂肪ラバノールという成分を摂取することができる。これを摂取することでDHA(ドコサヘヘキサエン酸) が生成され、伝達神経に作用することによる脳機能の向上や、ブドウ糖や酸素が脳に供給されやすくなることによる認知力、記憶力の向上につながるとされている。
It is ideal to have brain foods every day in order to prevent dementia especially among younger people. Mizuho Tachihara, who calls herself a senior vegetable sommelier and brain food meister, said, “You can prevent dementia by trying to take those foods to a reasonable extent.”
若年層を含め認知症を事前に予防するためには、毎日の食事にブレインフードを取り入れることが理想だ。「これらの食品を無理のない範囲で意識して取り入れていくようにすることが、認知症の予防につながる」と、シニア野菜ソムリエ・ブレインフードマイスターである立原瑞穂氏は語る。
Indeed people in the prime of life should prevent the disease by becoming more conscious about a dietary habit based on brain-boosting foods.
(Written by: Meiku Takeda)
今後、働き盛り世代の人が事前に認知症を予防するために、まずは、気軽に始められるブレインフードを取り入れた食事を意識することが必要だろう。
(武田芽育)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です