98% of Japanese in their 20s use SNS 20代の利用者は98% ―社会に定着するSNS―

Social networking service (SNS) is taking root in Japanese society in keeping with the spread of smartphones. According to the 2017 White Paper on Telecommunications released by the Ministry of Internal Affairs and Communications, people who use at least one of six major SNS portals like LINE, Facebook and Twitter accounted for 71.2% of the total population in 2016, sharply up from 41.4% in 2012. Approximately 98% of people in their 20s use those services mainly via smartphones.

スマートフォンの普及と相まって我が国社会に定着してきているのがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である。総務省の2017年版情報通信白書によると、LINE、Facebook、Twitterなど、6つのサービスのいずれかを利用している人の割合は、全体では2012年の41.4%から、2016年には71.2%にまで上昇。20代ではが約98%が利用しており、その中心媒体がスマートフォンだ。

SNS is a members-only online platform that enables its users to keep up and deepen their social relations with others. Major providers of such services include Facebook, the biggest in the world that is monthly used by more than two billion people, Twitter which allows its users to post and share short messages, and Instagram which offers similar functions primarily for video photographs. All these three are run by U.S. companies. Most popular in Japan is LINE which provides text chatting and phone services. The white paper says that more than 90% of Japanese in their 20s and 30s use LINE, which is run by the Japan subsidiary of South Korea’s NAVER Corp.

SNSとは、人と人との社会的なつながりをネット上で維持・促進する様々な機能を提供する、会員制のオンラインサービスである。月間利用者数が20億人を超える世界最大のサービスであるFacebook、短いつぶやきを投稿・共有するTwitter、写真の投稿・共有を中心とするInstagramが代表的なものだ。日本で最も利用率が高いのが、スマートフォン利用者間でチャットや音声通話などを提供するLINE(韓国NAVER Corp.の日本子会社が運営)で、同白書によると、20~30歳代の90%以上がLINEを利用しているという。

While those portals keep gaining popularity in many countries across the world, China has developed its own version of the social media. A report by Toyo Keizai Inc. said Weibo and WeChat, developed by Chinese companies, are quite popular in the country, which strictly limits user access to Facebook, Twitter and LINE. Of those two, WeChat (or Weixin in Chinese) operated by the country’s biggest online service provider Tencent Holdings Ltd. is rapidly expanding the number of its users. The company said in its business report that the total number of its active users reached 963 million in June 2017. WeChat does not simply offer message sending and phone services. According to the U.S. economic journal Forbes, its users can also call taxis, order food delivery, buy movie tickets, pay utility bills and make hotel reservations.
(Written by: Yuto Yawata)

SNSの世界的普及が拡大する中で、独特の発展を遂げているのが中国のSNSである。東洋経済新報社の報道によると、Facebook、Twitter、LINEなどの利用が制限されている中国では、現地企業が開発した「微博」(ウェイボー)、「微信」が人気だ。特に、中国ネット通信大手のテンセントが運営する「微信」の利用が急増、同社が公表した営業報告書によると、昨年6月の月間アクティブユーザー数の合計値は、9億6300万人に達したという。「微信」はテキストメッセージの送信や音声通話などのシンプルな機能にとどまらない。米経済誌である「Forbes」によると、タクシーを呼んだり、食事のデリバリーを注文したりすることができる。映画チケットの購入や公共料金の支払い、さらには病院の予約を取ることも可能だという。
(八幡侑斗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です