A student club challenges to grow future entrepreneurs Interview with representative of Chuo’s Venture & Leaders 中央大学から日本を担う未来の経営者を ―Venture & Leaders代表に聞く―

A student club named “Venture & Leaders” was organized at Chuo University last year. This club, which had 18 members as of March this year, aims at developing human resources for next-generation Japan by providing students with opportunities to start up a business or experience corporate internship. Hakumon Herald interviewed Yuto Tokiwa, a Commerce Faculty third grader, who himself once successfully founded a new company and presently serves as representative of the club.

 

昨年、「ベンチャー アンド リーダーズ」(Venture&Leaders)という学生サークルが中央大学で発足した。今年3月現在18名の部員を抱えるこのサークルは、学生による起業や会社へのインターンシップといった活動を通して、次世代の日本を担う人材育成を目指している。かつて自らも会社の起ち上げを成功させ、現在このサークルの代表として活動する、商学部3年の常盤勇人さんに話を聞いた。

Yuto Tokiwa, the representative of “Venture & Leaders”, poses for a photo during an interview with Hakumon Herald.

  Your club aims to develop next-generation human resources. How does that relate to business startup by students?

次世代の人材育成をうたっていますが、学生の起業活動とどう関わりがあるのでしょうか。

 

Tokiwa: Japan currently faces a shortage of competent business managers. So, both the Government and corporations are striving to grow people to be managers while they are still young. That’s why we are eager to help students become entrepreneurs who can carry Japan’s future on their shoulders. I think starting up a business is one of the ways to realize this purpose. It will also come true through internship.

 

常盤 現在、日本では経営者不足が問題になっており、企業も国も若いうちから経営者を育成しようとしています。ですから僕たちも、経営者になることを目指し、これからの日本を担う人材を学生のうちから育てたいと考えています。したがって新たな事業を始めようという起業は、それを実現するための方法の1つであって、インターンシップ等を通して実現することもできると思います。

 

What are merits of starting up a company while you are a student?

学生である間に起業をするメリットは何ですか。

 

Tokiwa: Unlike students, working people must support a family on their salaries. There is a great risk if they leave their companies and start up a new company. Given that, I feel students who have no worry to support a family are in a better position to set up a new business. Even if they fail in their attempt and are forced to seek employment, they can appeal the efforts they have made. Their crude experiences like fund raising will also help a lot when they work at a company. I believe students may take an interest in launching their own business because of such merits.

常盤 学生の僕たちと違い、社会人は自らの稼いだお金で家族を養わなければなりません。彼らが仕事を辞めて新たに会社を起ち上げるのは大きなリスクがあると思います。それを考えると、起業をするのに適しているのは養う家族のいない学生だと思います。仮に会社を起こすことに失敗して就職することになっても、それまでの努力はアピール・ポイントになります。また、出資金を集めたりした泥臭い経験も、働く際に役に立つこともあるはずです。起業にはそういうメリットもあるので、学生は関心を示すのかもしれません。

Yuto Tokiwa speaks during an interview with Hakumon Herald.

 

What are required of students when they launch a business?

学生が事業を興すうえで必要なものはとは?

 

Tokiwa: I think passion and enthusiasm are most important. Those are necessary not only when starting up a business but also doing any other things. I think faithfully listening to what other people say is also critically important. Whenever I meet entrepreneurs, I see them listen to us seriously. I think listening to employees’ opinions and soaking up their good points are the primary requisite of an entrepreneur.

 

常盤 やはり情熱、やる気ではないでしょうか。起業に限らず、どんなことでもこれは必要だと思います。人の話をなんでも聞くことも必要だと思います。起業家と会うと、みなさんが僕らの話を真摯に聞いてくれるのです。部下の意見にも素直に耳を傾け、良いと思ったものはスポンジのように吸収できることが、起業家としての第一条件かなと思います。

 

Do you think Chuo University has an environment that encourages students to be an entrepreneur?

今の中央大学に起業家になる土壌はあるのでしょうか。

 

Tokiwa: No, it doesn’t. Or I should perhaps say that such environment has just begun to be created. The Faculty of Commerce has been trying to improve it by preparing career education subjects such as business project courses for first graders or inviting a teacher specialized in business promotion from Kyushu University. But the entire school does not seem to be much enthusiastic to support clubs like us which encourage students’ involvement in business startup. Unfortunately, I can’t say Chuo has an environment suitable for promotion of enterprise.

 

常盤 ないですね。いや、土壌ができ始めている、と言った方が良いのかもしれません。商学部では、1年のときからビジネス・プロジェクト講座のようなキャリア教育科目を開講したり、九州大学から起業に詳しい先生を招いたりするなど、起業の環境を整え始めています。しかし、大学全体では僕たちのよう起業を行う団体を支援することに後ろ向きです。ですから、やはり会社を起こすことに適した土壌があるとは言えません。

 

Then, what do you require of Chuo University?

では、大学に求めたいのは何でしょうか

 

Tokiwa: I want the school authority to move up the commencement of classes for business startup. At the Faculty of Commerce, such classes are made available only when students become third graders. But that is too late. I also think those classes should cover knowhow on business startup. Our club wants the school authority to provide us with a permanent facility for our activity rather than financial assistance. If we have such facility, we can regularly hold lecture meetings by business leaders and seminars for high-school students. That will enable us to undertake broader and fulfilling activities for the development of human resources.

 

常盤 起業に関する授業の開講学年を前倒しすることだと思います。商学部では3年生からその授業が始まるのですが、それでは遅すぎます。起業のノウハウを伝えるべきです。僕たちの団体としては、活動資金より恒常的な活動拠点を与えてほしいのです。拠点があれば、起業家による講演会や高校生のためのセミナーを継続的に開くことが可能になり、より幅の広い充実した人材育成のための活動ができるようになるはずです。

 

Thank you(Interviewed by: Naoya Yoshida)

ありがとうございました。(聞き手:吉田直也)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です