Stella Lou quickly gains popularity

英文和文

A girl rabbit Stella Lou was born at Tokyo DisneySea in Urayasu, Chiba Prefecture, in March this year as a new friend to Disney character Duffy. Only six months later in September, she came fourth after Duffy, outstripping once-popular Hello Kitty and Snoopy, according to the “Ranking of Soft Toys” released by a company.

What kind of character is Stella Lou? To begin with, Duffy the Disney Bear, born in 2005, already had Shellie May (another bear born in 2010) and Gelatoni (a cat born in 2014) among his friends. Stella Lou has now joined them. Here is how she was born.

When Stella Lou was practicing dancing one day, she met Duffy and told him that she had a dream to be a dancer. Duffy had thought dreams were something one would see only while asleep. But she taught him that wising to be a dancer someday is also a dream. Then, Duffy wished to support her and they became friends. Lavender-colored Stella Lou, with lovely ears and eyes shining like stars, is a girl who dreams of becoming a Broadway dancer. Her existence lets him know how splendid it is to dream a dream.

According to an online news site, one of the reasons for the popularity of Duffy’s friends including Stella Lou is that their owners can dress them in favorite costumes and that they are available only at Tokyo DisneySea in Japan. Yuka Ishihara, an employee of Oriental Land Co. that runs DisneySea, planned a ceremony featuring the debut of Stella Lou. She said, “We cherish the story about each of our characters and we value their individualities.” As she says, the story about Stella Lou seems to be well put together.

Stella Lou has won popularity in shows and as character goods so quickly after her debut. It is indeed interesting to see how she will do in the future.

(Written by: Yui Tomori)

千葉県浦安市の東京ディズニーシーに今年3月、キャラクターのダッフィーの新しい友だち、うさぎの女の子ステラ・ルーが誕生した。ある企業が9月14日に発表した「ぬいぐるみランキング」では、人気のハローキティーやスヌーピーを差し置いて、ダッフィーが3位、次いでステラ・ルーが4位になった。ステラ・ルーとはどのようなキャラクターなのか。

そもそも、2005年に誕生した子ぐまのキャラクター、ダッフィーの友達(ダッフィーフレンズ)には、シェリーメイ(10年誕生)、ジェラトーニ(14年誕生)がおり、これにステラ・ルーが加わった。ステラ・ルーには次のような誕生物語がある。

ある日ダンスの練習をしていたステラ・ルーは、出会ったダッフィーにダンサーになることが夢だと言った。夢は眠っている時に見るものだと思っているダッフィーに、いつかこうなりたいと願うのも夢だと教えたのだ。そしてダッフィーはステラ・ルーを応援したいと願い、2人は友達になった。愛らしい耳と、星のように輝く瞳を持ったラベンダー色のステラ・ルーは、ブロードウェイのダンサーになることを夢見る女の子。ダッフィーに夢見ることの素晴らしさを教えてくれる存在だ。

あるニュースサイトによると、ステラ・ルーを含め、ダッフィーフレンズのぬいぐるみは自分好みのコスチュームを着せることができ、日本では東京ディズニーシーでしか買うことができないのが人気の理由の1つだそうだ。また、ステラ・ルーのお披露目イベントを企画したディズニーシーを経営するオリエンタルランドの石原由佳さんが「キャラクターとしてのストーリーを大切にし、それぞれの個性を伝えていきたい」と話すように、ステラ・ルーのストーリーはよく作り込まれているように思える。

ショーやグッズで早くも人気のステラ・ルー。今後どんな活躍をしていくのか楽しみだ。

(友利 唯)

credit of image
https://www.elle.com/tw/life/travel/g30368/stellalou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です