Japanese rice cracker flying into space

英文和文

Kakino tane, a rice cracker, was recently certified by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) as a snack to be consumed by Japanese astronauts during their stay at the International Space Station (ISS). Originating from Niigata Prefecture, it is one of the most popular rice crackers in Japan. It was so named as it looks alike permission seed in shape. Now a new version has been developed as a pace food by Kameda Seika, a company based in the city of Niigata.

Kameda Seika launched its project in 2014 and spent three years of research and development in hopes of helping astronauts improve the work efficiency during their long stay at the ISS by enjoying the taste and texture of Japanese food. Its newly developed product was certified as a Japanese space food in August.

The product is officially sorted as “rice cracker mixed with peanut”. Each pack contains 35 grams, consisting of 60% of cracker and 40% of peanut. It is assured to remain fresh for a year and half, or four times longer than the commercially available version whose eat-by freshness date is four months.

In order to get their products certified as a space food, producers are required to meet the criteria for space use. Kameda Seika has given various twists to its product to satisfy the requirements. The snack is contained on a 90 mm x 9 mm x 40 mm tray, whose cover and bottom are gilt with something like a fastener tape. The pack can be repeatedly opened and closed or fastened to a fixed place inside the cabin of the ISS. It keeps its content from flying off so that astronauts can easily eat it even in the gravity-free space.

Kameda Seika’s kakino tane is not the sole Japanese space food certified by JAXA. The agency has so far endorsed 29 items produced by 13 companies. They include cooked rice, noodles, curry and fish. These make us feel the remote space is closer to us.

Written by: Yuto Yawata

 我が国で最も人気のある煎餅のひとつ「カキの種」がこのほど、国際宇宙ステーション(ISS)で日本の宇宙飛行士が食べる菓子として、宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって認められた。形が柿の種に似ていることからカキノタネと名付けられた新潟県起源のこの煎餅だが、宇宙食として開発したのが亀田製菓(本社・新潟市)。

同社が開発を始めたのは2014年。ISSに長期間滞在する宇宙飛行士に、日本食の味と食感を楽しんでもらうことで仕事の効率を図ってもらおうと、3年をかけて研究・開発。今年8月に宇宙日本食として認証された。

食品の正式名称は、「米菓(ピーナッツ入り)」。内容量は35グラム。米菓とピーナッツの割合は約6対4。市販されているカキノタネの賞味期限が4カ月であるのに対して宇宙食としてのカキノタネは1年6カ月と4倍の長さだ。

宇宙食に認証されるためには、食品メーカーが提案する食品が宇宙食としての基準を満たさなければならない。したがって亀田のカキノタネは、様々な工夫がなされている。菓子は90×9×40ミリのトレーに入っており、トレーのふたと外側底面にマジックテープのような物が付いている。繰り返しふたを開閉したり、固定された場所にくくり付けられたりできるなど、無重力の宇宙でも、飛び散ることなく食べられるよう工夫されている。

 宇宙日本食として、JAXAに認証されたものは、カキノタネだけではない。これまで宇宙日本食には、米飯、麺類、カレー、魚料理など、13社29品目が認証されている。遠い宇宙がますます身近な存在になっていることを感じる。
(八幡 侑斗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です