Why does Tokyo University drop rankings every year?

DotStik / Pixabay
The University of Tokyo, one of top universities in Japan, has dropped its rank from 39th place to 46th place, its lowest to date, according to the World University Rankings 2018 announced recently by UK educational journal “Times Higher Education” (THE). Why did that happen?

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」はこのほど、今年の世界大学ランキングを発表した。これによると、日本の大学の中でトップに位置する東京大学が前年の39位から順位を下げ、過去最低の46位になった。その要因はどこにあるのだろう。

 

The annual ranking, published since 2004, is based on an overall evaluation and analysis of five items: (1) teaching ability, (2) research ability, (3) research impact (number of citations from articles), (4) international outlook and (5) income collected from industry.

同誌の世界大学ランキングは2004年から公開されているもので、①教育力②研究力③研究の影響力(論文の引用数)④国際性⑤産業界からの収入、の5評価項目についてデータを収集し、総合力を評価、分析したうえでランキング化している。

 

The ranking for 2018 listed the top 1,000 universities from 77 countries across the world. The University of Oxford (UK) held on to the number one spot, followed by the University of Cambridge (UK). Third place was shared by California Institute of Technology and Stanford University (both U.S.), with Massachusetts Institute of Technology (U.S.) coming fifth. As in the past, European and U.S. universities virtually monopolized the top 10 spots.

今回は世界77か国の大学のうち上位1000大学を発表。これによると、1位オックスフォード大(英)、2位ケンブリッジ大(同)、3位カリフォルニア工科大学とスタンフォード大(いずれも米)、5位マサチューセッツ大(同)と、欧米の大学が例年のように上位をほぼ独占している。

 

Among the Japanese universities listed in the ranking, the University of Tokyo took the highest 46th position and Kyoto University placed 74th. They were the only Japanese universities to be named among the top 100. The University of Tokyo has been dropping its rank almost every year since it climbed to its highest 23rd place in 2014, falling to 46th in this year’s list.

ランクインした日本の大学のうち、最も総合順位が高かったのは東京大学で46位。京都大学は74位だった。100位内に入っている日本の大学は東大と京大の2校のみ。東大の場合は14年の23位が最高で、その後ほぼ毎年順位を落とし、今回46位の最低を記録した。

 

One major reason for the Japanese universities’ uphill battle is that both “number of citations” and “international outlook” weigh heavily in the ranking, a factor that makes them disadvantageous both geographically and linguistically as compared to overseas universities. Especially when it comes to the number of articles cited in English, their evaluation tends to be lower than that of universities in English-speaking countries.

このように日本の大学が世界レベルで苦戦を強いられている大きな理由としては、上記③の「論文の引用数」と④の「国際性」が評価の比率が高く、海外の大学に比べ地理的、言語的に不利となっていることが挙げられる。とくに英語による論文の引用数となると、英語圏の大学に比べ評価が低くなる傾向にある。

 

For example, the National University of Singapore, which placed 27th, or the highest in Asia, was evaluated lower than the University of Tokyo in terms of “teaching ability” and “research ability” but scored 79.7 in “the number of citations” to overtake the University of Tokyo which got 62.4.

例えば、アジア1位のシンガポール国立大学(総合27位)の場合、「教育力」と「研究力」では東大を下回るが、「論文引用数」については評価点が79.7と、東大の62.4を大きく上回っている。

 

Tsukasa Endo, an associate professor of Kogakkan University, said in Yahoo News, “Foreign people cannot cite papers written in Japanese. Even when their contents are highly rated, they cannot be referred to for citation.” He suggested in this regard that Japan should set up an institution that translates excellent research papers written in Japanese into English.

皇學館大學の遠藤司准教授はヤフー・ニュースの中で「日本語で書かれた論文を海外の人たちは引用できない。研究力は高く評価されていたとしても、論文の引用はされないのである」とし、優れた研究論文を英語に翻訳する機関をつくることを提唱している。(Written by: Akinori Murashima)(村嶋章紀)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です